Arts Aid KYOTO Arts Aid KYOTOについて

文化芸術の持続的な
発展を目指す
応援プロジェクト

京都市では、厳しい社会経済情勢の下でチャレンジする、アーティストなど文化芸術関係者(※)の意欲的な活動を社会全体で支え、持続的な文化芸術の発展を目指す制度「Arts Aid KYOTO 京都市 連携‧協働型文化芸術支援制度」を2021年に創設しました。
“コロナ禍からの社会や人々の心の回復に向け、京都の文化芸術を支え、輝かせたい”。そんな思いに賛同いただける方のご寄付をお待ちしています。

Arts Aid KYOTOの仕組み

Arts Aid KYOTOは企業や個人の皆さまからいただいたご寄付のうち70%をアーティスト等の活動へ補助金として交付し、30%を京都市が行う文化芸術振興策へ活用する仕組みです。

支援される事業の例

70%

アーティスト等の活動文化支援事業実施者

京都市内で実施され、文化芸術の振興に資するもので、かつ不特定多数に公開される事業が対象となります。

30%

文化芸術振興策の事例

  • 伝統芸能の保存、継承事業
  • 子どもたちが伝統文化等、文化芸術に触れる機会の創出
  • 文化芸術による共生社会実現の基盤づくり
  • 若手アーティスト支援(アート市場活性化)

Arts Aid KYOTOへのご寄付は
ふるさと納税の対象です

京都市が運営するArts Aid KYOTOへのご寄付は、
ふるさと納税として所定の手続きを行うことで、税制上の優遇措置を受けられます。

税優遇について詳しく見る

選べる2つの支援方法

好きな方法で寄付をする

Arts Aid KYOTOへのご寄付はクレジットカード、銀行振込もしくは寄付申出書のご提出により実施いただくことができます。

クレジットカードで寄付

以下のクレジットカードがご利用いただけます。

寄付をする

銀行振込で寄付

以下のフォームから銀行振込を申し込んでいただくことができます。返信メールにて口座情報をご案内しますので、所定の機関でお振込みをお願いします。

銀行振込を申し込む

寄付申出書で寄付

寄付申出書のご提出により、納付書を利用してご寄付いただくことができます。

  1. 寄付のお申し出

    「寄付申出書」の提出

    本市から「納付書」送付

  2. 寄付金の納入

    本市から
    「寄付金受領証明書」等を送付

  3. 確定申告

支援までの流れ

  • 京都市から個人‧企業等に対して文化芸術への支援を依頼
  • その資金を財源として支援する文化芸術事業を公募
  • 審査のうえ文化芸術活動に支援(補助金)を行うほか、一部をより広く文化芸術振興策に活用
  • 1

    支援者

    みなさまからのご寄付

  • 2

    京都市

    Arts Aid KYOTO

  • 3

    公募選定事業

    • 事業A
    • 事業B
    • 事業C

いただいたご寄付は翌年度の採択事業の支援に活用します。

これまでに支援された事業一覧

事業を選んで寄付をする

それぞれの事業を選んでいただき、ご寄付に進むことができます。

京都周遊アコースティックフェス2024

昨年度から継続実施してきたプレイベントに続き、大規模な音楽フェス”京都周遊アコースティックフェス2024”の本祭を開催します。

寄付をする

清浄楽コンサート

京都市立芸術大学を応援するプロジェクトとして、若手の演奏家や伝統芸能の担い手による公演を年6回開催します。

事業詳細

京都市美術館開館90周年記念展「村上隆 もののけ 京都」京都市内大学生以下無料化事業

展覧会の京都市での開催にちなみ、京都市が学生のまちとして多くの若者に成長の機会を提供できるよう、京都市内に在住(通学)する高校生、大学生および専門学校生が無料で観覧できる取組を進めます。

事業詳細

共通舞台「ロミオとジュリエット」

京都を拠点に活動する舞台芸術カンパニー「共通舞台」がシェイクスピアの「ロミオとジュリエット」をTHEATRE E9 KYOTOで上演します。

寄付をする

京都モダン建築祭

京都で大切に守り継がれてきたモダン建築が日時限定で特別に公開される建築一斉公開イベントを開催します。

事業詳細

支援までの流れ

  • 文化芸術関係者自らが個人・企業に対して支援・協力を依頼
  • 支援者から京都市が寄付を受ける
  • その資金を元に京都市が文化芸術関係者に支援(補助金)を行うほか、一部をより広く文化芸術振興策に活用

これまでに支援された事業一覧

ご寄付の30%を活用して支援される事業の例

  • 文化芸術授業(ようこそアーティスト)

  • 若手芸術家等の支援

  • 市民狂言会・京都薪能

Arts Aid KYOTOの
支援対象・分野

対象者 以下の全てに当てはまる文化芸術活動をする個人又はグループ・団体(法人含む。)
  • 京都市内に住所地又は団体所在地、活動拠点のいずれかがあるもの
  • 文化芸術事業を実施した実績を有するもの
対象分野 文化芸術基本法第8条から第12条に列挙された以下の分野の事業
  • 文学、音楽、美術、写真、演劇、舞踊
  • 映画、漫画、アニメーション
    及びコンピュータその他の電子機器等を利用した芸術(メディア芸術)
  • 雅楽、能楽、文楽、歌舞伎、組踊その他の我が国古来の伝統的な芸能
  • 講談、落語、浪曲、漫談、漫才、歌唱その他の芸能
  • 生活文化(茶道、華道、書道、食文化その他の生活に係る文化)
    及び国民娯楽(囲碁、将棋その他の国民娯楽)、出版物及びレコード等
  • その他、上記の複合分野等

Arts Aid KYOTOについての
お問い合わせ先

京都市 文化市民局
文化芸術都市推進室 文化芸術企画課