共通舞台「ロミオとジュリエット」

共通舞台「ロミオとジュリエット」
  • シェアする

  • ツイートする

  • LINEで送る

寄付受付期間 

2024年6月1日~9月30日

認定事業者

村上太基

事業内容

京都を拠点に活動する舞台芸術カンパニー「共通舞台」がシェイクスピアの「ロミオとジュリエット」をTHEATRE E9 KYOTOで上演します。
「ロミオとジュリエット」に描かれているのは、私たち人間は自らの愛を、そして他者の愛を本当に信じることができるのか、という葛藤の物語です。この物語の上演は、現代に生きる私たちが、人間関係を支える愛に、いま一度立ち返ることのできる機会になり得るのではないかと思います。

【SNS】
InstagramX(旧Twitter)YouTube

事業スケジュール(予定)

2024年5月 チケット販売開始
   7〜8月 京都芸術センターでワークショップ開催予定
   9月 公演実施

(公演予定日時)   
      9月22日(日)~29日(日)
  ※24日(火)休館日
  公演時間等詳細は後日公式サイトにてお知らせします。

事業の意義

共通舞台「ロミオとジュリエット」は京都市民を中心とした俳優・スタッフで構成し実施いたします。京都市にある共通舞台の稽古場で日々稽古をし、丹念に創作をしています。また、京都芸術センターで市民に向けて演劇のワークショップも開催します。そして、京都駅近くの小劇場THEATRE E9 KYOTOで公演をすることで、京都市民が足を運びやすい場所で舞台芸術を届けます。こうした活動を通して、京都市の文化芸術振興や市民還元に貢献いたします。
共通舞台は、舞台芸術の文化財化が進行している中で、今一度、舞台芸術とは何か、そしてそれが現代社会に何をもたらし得るかというラジカルな問いに向き合いながら、社会と接続する舞台芸術の創造を目標としています。
そのために、民間企業や個人からのスポンサード、観客層の拡大を狙いとした広報戦略、舞台芸術祭や舞台芸術賞への参加などの経営的取り組みを積極的に行い、劇団の成育を図っています。
作品創造以外にも、舞台芸術の知を用いながら、業種に囚われることなく、さまざまな社会課題へのアプローチとなる活動を拡充します。
共通舞台代表の村上太基はTHEATRE E9 KYOTOにて令和6年度に芸術参与、令和7年度から芸術監督として携わっていきます。

お礼の品について

《企業の方》
 金額自由でご支援ください。
 9月14日までに御寄付いただいた方は、公演当日パンフレットと共通舞台ホームページに企業名を掲載いたします。

《個人の方》
 金額自由でご支援ください。
 9月14日までに御寄付いただいた方は、公演当日パンフレットと共通舞台ホームページに御名前を掲載いたします。

ご支援の前にお読みください

  • 寄付額1万円以上でご希望の方は、京都市のホームページ及び京都市の文化芸術に関するオンライン寄付ポータルサイト「Kyoto Art Donation」等の広報物に、お名前を掲載させていただきます。
  • 支援完了時に「応援コメント」としていただいたメッセージは、京都市のホームページ、京都市の文化芸術に関するオンライン寄付ポータルサイト「Kyoto Art Donation」及びSNSなどで発信させていただく場合があります。
  • 取得する個人情報は、Kyoto Art Donationの事業目的、事業範囲の中でのみ使用します。また、お礼の品をご希望の方については、本人の同意があったものとみなし、個人情報保護法第69条第2項第1号に基づき、「住所」「氏名」「電話番号」「寄付額」「メールアドレス」を認定事業者に提供いたします。
  • 認定事業者の都合等により事業を中止した場合、それまでにお寄せいただいた寄付金は、京都市の基金に積み立て、京都市が実施する文化芸術振興策に活用させていただきます。
  • シェアする

  • ツイートする

  • LINEで送る

一覧に戻る

Supportあなたの寄付で
京都の文化を未来に
繋ぐことができます

Kyoto Art Donationは、皆さまからのご寄付を京都の文化芸術の現場へ届ける仕組みです。
絶えず新たな文化芸術を生みだしてきたまちである、
京都の文化芸術の持続・発展を一緒に応援しませんか?

京都の文化芸術を広く応援したい

おまかせ寄付

Arts Aid KYOTOについて BK(donation/aak_bk.html)

民間の団体・プロジェクトを応援したい

Arts Aid KYOTO

https://kyoto-art-donation.com/donation#link03

好きな施設や事業を応援したい

えらんで寄付

遺贈寄付(donation/izo.html)

大切な資産を文化芸術へ活かしたい

遺贈寄付